起業までの流れ

起業までの全体図

はじめての起業は、書類の整備や手続きなど、思ったよりも煩雑で手間がかかります。起業までの全体図を理解して計画を立てて行いましょう!

専門家のアドバイス

会社の設立手続きは、①定款作成と、②法務局への設立登記が主要な手続きとなります。定款作成も、設立登記も、書類の作成等の手続きは煩雑ですので、場合によっては専門家への依頼もお勧めします。特に、専門家へ依頼した場合には、定款の認証時に係る登録免許税や登記時の費用が減免され、全体としても安価に行うことも可能です。 また、会社は登記をもって誕生となりますが、定款作成・設立登記以外にも、事前の綿密な事業企画や損益企画の検討、そして、設立後も税務的なメリットを享受するために期限までに届出等も、起業の成功には不可欠ですので、全体像を把握した上での行動が肝要です。

 

 

 

起業までの主な全体図 さまざまな起業形態 設立前に助成金の確認を! 各種印鑑を用意しよう! 一枚のビジネス企画書を作成しよう! 事業の数値計画を作ろう! 【定款作成】定款を作成しよう! 定款の認証手続きを受ける! お金の準備をしよう! 会社の設立登記 税務上必要な届出 年間スケジュールを把握しよう! 社会保険の加入手続 創業融資の種類 サンプル集のURL

 

 

  • HOMEページへ
  • 前のページへ戻る
  • 次のページへ
お知らせ

個人情報保護方針 | 会社概要 | 渋谷.会社設立入門.net
Copyright ©2013 Spiralll Tax co. All Rights Reserved