設立前に助成金の確認を!

創業補助金とは

国内・海外にて、起業・創業や第二創業を行う個人、中小企業・小規模事業者の方に対する補助金です。

100万円~最大700万円までの補助金額となっています。

専門家のアドバイス

創業補助金の申請には、「認定支援機関」(会計事務所・金融機関等)が、計画策定~実行をサポートし、事業計画の実効性を確認する必要があります。

女性や若者の地域での起業・創業を積極的に応援すべく平成24年度補正予算にて予算化された補助金です。

独創的な商品やサービス等が求められ、すべての新規創業に補助金が付与されるわけではありませんが、これから起業される方、平成25年3月23日以降開業・設立された方は、一度、お近くの認定支援機関(会計事務所及び金融機関)にご相談し、補助金が下りるかどうかを検討してみると良いと思います。

 

 

 

創業補助金の種類

類型

雇用補助率

補助金額の範囲

地域需要創造型起業・創業

補助対象経費の2/3以内

100万円以上~200万円以内

第二創業

100万円以上~500万円以内

海外需要獲得型起業・創業

100万円以上~700万円以内

 

補助対象経費(3つの条件をすべて満たす必要あり)

条件補助率

1 使用目的が本事業のものと明確に特定できるもの
2 事業開始日(交付決定日)以降に発生した経費
3 証拠書類等によって金額等が確認できるもの

 

補助金交付までの流れ

主な流れ

内容

1

初期相談・検討

・補助対象者・補助対象事業の確認

2

応募

・創業計画の策定

・認定支援機関による確認

・申請書類の作成・提出

3

交付決定

・審査会による審査

4

事業開始

・事業計画実行期間(経費対象期間)

5

完了報告

・完了報告書の提出(終了後30日以内)

6

補助金交付

・創業補助金事務局にて確定後、支給

7

その後

・5年間、事務局へ状況報告

 

 

  • HOMEページへ
  • 前のページへ戻る
  • 次のページへ
助成金は、国の施策を実現するために支給!
お知らせ

個人情報保護方針 | 会社概要 | 渋谷.会社設立入門.net
Copyright ©2013 Spiralll Tax co. All Rights Reserved