【定款作成】商号の決定

「商号」とは会社名のこと

会社の正式名称のことを、法律上の用語では「商号」といいます。

商号は原則として自由にきめることができます。

専門家のアドバイス

類似商号についての規定が緩和されたため、同一住所で同一商号、不正競争防止法に違反する商号でない限り、基本的にどのような商号でも登記できるようになりました。

ただし、商号を決める際にはいくつかのルール(下参照)がありますので、商号を決定する際には注意が必要です。

また、商号は変更が可能ですが、変更事務手続き及び費用がかかるため、十分に検討してから決定しましょう。

最近では、商号に関連したドメインの取得も大変重要ですので、事前に格安ドメインなどで確認されることをお勧めします。

 

 

 

本店所在地の記載の仕方
1 商号の前か後ろに必ず「株式会社」を入れる 。
2 法令で使用を禁止されている文字は使えません。 例)「学校」、「銀行」、「信託」、「税理士」等
3 一定の文字や記号以外は、商号に使用できません。(下表参照)
4 不正目的で他の会社と誤認されるような商号は認められません。(世界的に有名な商号の使用等)
5 同一住所・同一商号の登記は認められません。

 

一覧

種 類

備 考
文 字 日本の文字 漢字 漢数字を含みます。
ひらがな  
カタカナ  
ローマ字 大文字 ローマ字の単語を複数並べる場合に限り、単語と単語 の間に「空白(スペース)」を使用することができます。
小文字
文 字 アラビア数 1,2,3・・ ローマ数字(ⅠⅡⅢⅣⅤ~)など、アラビア数字以外の数字は使用できません。(漢数字は漢字なので使用で きます。)
記 号 『& 』(アンパサンド) 字句を区切る際( 注) の符号として使用することができますが、先頭又は末尾には使用できません。ただし、ピリオドにつ いては末尾にも使用することができます。
『’』(アポストロフィー) ( 注) 会社の種類をあらわす部分(「株式社会」や「合 名会社」など)と商号部分を区切る際には使用できません。「( 株式会社,甲乙商事」や「株式会社・丙丁商事」 などは不可)
『,』(コンマ)
『- 』(ハイフン)
『. 』(ピリオド)
『・』(なかてん)

 

 

  • HOMEページへ
  • 前のページへ戻る
  • 次のページへ
商号に関連したドメインの取得も、現在ではとても重要!
お知らせ

個人情報保護方針 | 会社概要 | 渋谷.会社設立入門.net
Copyright ©2013 Spiralll Tax co. All Rights Reserved