各種印鑑を用意しよう!

どんな印鑑が必要か?

会社設立にあたり、発起人・代表取締役・取締役は個人の実印が必要です。

また、それとは別に、会社の代表者印も作らないといけません。定款作成前までに用意をしておきましょう。

専門家のアドバイス

会社設立にあたり必要な印鑑は、個人の印鑑と会社の印鑑の大きく2つに分かれます。 まず、個人の印鑑は、発起人や代表取締役・取締役となる方は、実印を用意する必要があります。実印をお持ちでない方は、すぐにハンコ屋さんで印鑑を購入して、お住まいの役所に行って印鑑登録をしてください。

また、会社の印鑑も、最低、代表者印が必要となります。こちらもハンコ屋さんで、「株式会社○○ 代表取締役印」というような印鑑を購入してください。今ではインターネットでも数日で印鑑を購入できます。この代表者印は会社を設立登記する際に登録されます。

その他、銀行印、社印(角印)、ゴム印も用意しておくといいでしょう。

 

 

 

設立時に用意すべき印鑑
個人の実印 会社設立時に発起人となる方、代表取締役となる方、取締役となる方は、個人の実印が必要となります。定款認証時とその後の設立登記時の書類、各人の実印の押印が必要となります。
会社の代表者印 会社設立時に法務局に登録をする印鑑です。重要な契約の締結時や借入時に必要となる一番重要な印鑑となります。通常は、会社の金庫に保 管しておきます。設立登記時の書類に押印が必要となります。
会社の銀行印 必ずしも必要な印鑑ではありませんが、銀行取引用として、銀行口座開設時に、銀行印を使用する会社が多いです。会社の代表者印で銀行印を兼ねるケースもあります。ハンコ屋さんで代表者印とセットで販売さ れています。
社印(角印) 必ずしも必要な印鑑ではありませんが、請求書発行時や領収書発行時に、押印する会社が多いです。ハンコ屋さんで代表者印・銀行印との三 点セットで販売されていることが多いです。

 

 

  • HOMEページへ
  • 前のページへ戻る
  • 次のページへ
個人の実印と会社の代表社印は、定款作成前に用意!
お知らせ

個人情報保護方針 | 会社概要 | 渋谷.会社設立入門.net
Copyright ©2013 Spiralll Tax co. All Rights Reserved