【定款作成】公告方法の決定

公告とは?

公告とは、会社が義務づけられている株主や債権者等に対する各種の「お知らせ」のことです。

専門家のアドバイス

公告の具体例としては、主に決算公告があります。株式会社では、決算広告が義務付けられています。その他には、減資や合併等の組織再編を行う際に公告が必要となります。

 

公告方法には、具体的には次の3つがあります。
(1) 官報
(2) 日刊新聞(日本経済新聞など)
(3) 電子公告(インターネット)


なお、公告方法を決定しない場合は、自動的に「官報」が公告方法となります。電子広告(自社HPに計算書類ファイルを置いておく形で公開する)によらない場合は、コスト的に官報を公告方法とするのが一般的です。

 

 

 

株式会社と合同会社の違い-決算公告
  株式会社 合同会社
決算公告

必要(義務)

不要

 

各種公告方法のメリット・デメリット
公告方法 メリット デメリット
官報公告

・人目につきづらい
・コストが安い

・債権者保護手続が煩雑
日刊新聞 ・1 日しか掲載されずその後、検索しづらい
・債権者保護手続が簡便
・コストが高い
電子広告 ・コストが安い ・5年間、ホームページ上に決算書が掲載される

 

 

  • HOMEページへ
  • 前のページへ戻る
  • 次のページへ
公告は、株主や債権者に通知する、大切なお知らせ!
お知らせ

個人情報保護方針 | 会社概要 | 渋谷.会社設立入門.net
Copyright ©2013 Spiralll Tax co. All Rights Reserved